営業に向いてない人診断-あなたは向いてる?【営業歴20年が解説】


営業に向いてない人診断-あなたは向いてる?【営業歴20年が解説】

営業・・・あなたは向いてる?向いてない?

どうもご機嫌如何ですか?ティーヒロです★

この記事で理解できる事は以下の通りです。

・あなたが営業に向いてるか向いてないかの診断

・営業のメリットとデメリット

この記事を読んで頂きたい方は以下の方です !

・営業職に興味を持っていて、これから営業の仕事を探そうか迷っている方

・「営業って売れなかったら上司に詰められるのではないか?」と不安な方

・「こんな自分でもできるのか?」と不安な方

・「もしかしたら向いていないかもしれない」と思っている方

記事の根拠

営業歴20年のわたしが、これまで出会ってきた営業マンや自分の事を振り返りつつ解説いたします。

それでは早速はじめていきましょう!


目次
1◆営業が向いてないかどうかの診断

2◆営業のデメリットとメリット

3◆営業という仕事に就くにあたって必要なスキルは?

4◆実は営業職でなくても、日常的に”営業の仕事”は存在していた

5◆営業という仕事の良い所と悪い所、メリットとデメリットを解説

6◆営業が向いてない人とはどんな人なのかを解説してみた

7◆営業職とは?どんな仕事をするのか?楽しいのか?やりがいがあるのか?本当の所はどうなのか?

8◆営業職に就くにはやはり営業センスが必要なのでしょうか?

9◆営業の求人募集で自宅を事務所にして仕事をする内容についてのデメリットとメリットとは?

10◆営業職って結局どこの業界でもノルマに追われて大変ですか?について解説

11◆できる憧れる営業マンのイメージとは?

12◆営業の本質とは?




営業が向いてないかどうかの診断

あなたが営業マンとして向いてないか向いてるか診断します!

診断方法は簡単です。

向いてない人の特徴と向いてる人の特徴を、両方ご紹介しますので、ご自身と照らし合わせてみてください。

 
営業が向いていない人

・努力ができない人

・勉強したり情報収集が嫌いで実行できない人

・メンタルが人並み以下

・プライドが高く素直に人のアドバイスが聞けない

・人と接することが嫌い⇒しかし人見知りは全く問題なしです。

 
営業が向いている人

・継続的に努力できる人

・勉強する事や情報収集する事ができる人

・少し位怒られたり注意されても動じない人

・遊び好きな人

”向いてない項目”に沢山当てはまってしまってもめげる必要はありません!

なぜなら弱点は長所が補ってくれるからです!

世の中のトップセールスマンでも全てが〇という事は非常にまれです。

だから弱点は長所で補える

という事を理解しましょう。

では次に、営業職のメリットとデメリットを紹介します!




営業のデメリットとメリット

 
営業のデメリット

1◇ 対人関係によるストレスが多い

2◇インセンティブが貰えないと給料の額は低い

3◇お客様への電話対応程度の仕事は休日でもする必要がある事がある

4◇プレッシャーも半端がない事へのストレスはあるかもしれないですが、スポーツ選手だって、eスポーツ選手だって、基本的にプロの世界は皆、一緒

5◇クレーム対応はやらないといけない

6◇スポーツやゲームと同じ、結果が出せるように自分で考えて、行動しないといけない。その辺は言われた事だけしかしないという世界とは違う

 
営業のメリット

1◆月間目標を達成できれば、インセンティブが支給されるので、給料が高額となる

2◆人間関係が良い職場が多いので、万が一、将来、会社を退職となっても人脈のつながりで、次の仕事が見つかりやすい事がある

3◆ビジネスマンとしてのスキルが向上するので、将来の道の幅が広がる

4◆人脈の広がりはプライベートにも広がり趣味のつながりをはじめとして、様々な人達と出会えるチャンスがある

5◆様々な人達と出会えるチャンスがあるという事は、知識や情報や経験も豊かになるので、人生が花開く

6◆スポーツやゲームと同様に、実力社会です。勝てばお金が稼げますし、負ければ悔しい思いで挽回すればよしです⇒仕事の意欲向上

※筆者の20年間の営業経験、そして多くの営業マンを身近に見てきた上での考えです。

如何でしょうか?

「向いてないか診断」で、✖が沢山あった方、短所を長所で補う努力をするにふさわしい程、メリットがあると思いませんか?




営業という仕事に就くにあたって必要なスキルは?

営業という仕事を通じて、身に付くスキルは多いです!

ここで読者クエスチョン!

Q.営業に就く前から持っていた方がよいスキルはあるのでしょうか?

営業をはじめる前から持っていた方が良いスキルを、ざっと以下にまとめてみました。

1・努力することが好き

2・簡単にはへこたれない

3・負けず嫌いであった方が上達は早い

4・素直さ

5・人との会話能力が”並”位あれば十分

特別なスキルはいりません。

コミュニケーションが苦手な方もそれ程気にしなくても良いです。

障害があるようであれば別かもしれませんが、基本、日々いろいろなお客様との会話の中で上達していきます。




実は営業職でなくても、日常的に”営業の仕事”は存在していた

実をいうと、どんな仕事でも営業的な側面があるという事に気が付いていない方が多いです。

例えば、

1◆顧客サービス業であれば、もし顧客からの電話を受け、的確な問題解決方法や、安心できるような話し方で、お客様を満足させる事が仕事です。これができなければ、顧客の不満は爆発する恐れがあります

2◆技術職も、営業を伴うケースがあります。IT関連であれば、相手が理解もできないIT基準に従わせなくてはならないです

3◆プログラマーは上司や役員に、現実的なプロジェクトのスケジュールやデザイン、機能、性能、ロジックを説得しないといけない事が多々でてきます

4◆上司への売り込みも常に必要です。例えば、好きな歌手のコンサートへ行く為に来週水曜日に休みを取りたい!という提案を通す必要がでてくるかもしれません。また、部署への提案や、自分自身のキャリアの進展といったアイデアを売り込みをする事もでてきます

5◆私生活でも、配偶者やパートナー、友人、家族にもアイデアを提案することは多々ありますよね

6◆小さな子供だって、必死に親に営業をしかけています。

「営業力」が高い人の方が会社からも家族からも評価が高いです!

営業ができる人は、思い通りに物事を進める事が容易です。

特に人間関係の中を上手くやりくりできる事に長けていますね。

そういう能力が身につきますよ

では以下に、営業のメリット・デメリット/向いている向いていないをテーマに更に深堀した記事をまとめてご紹介いたします。

営業センスとは言いますけど実際は、誰でも営業センスは持っていて、どれだけの期間で、営業に覚醒できるか?という事が人に寄って違うだけなのです。

わたしのこのブログは、本来であれば覚醒できるのに長時間掛かってしまうような人でも、短期間で覚醒できるように、お手伝いをする事が目的のブログです。

全て無料で、活、登録申請不要でノウハウをご紹介しておりますので、ぜひ、あなたの営業マンライフのパートナーとして活用してください!



営業という仕事の良い所と悪い所、メリットとデメリットを解説

実際、営業ってどうよ?営業の仕事の良いところと悪いところ
営業という仕事って実際の所どうなの?良いの?悪いの?質問に答えてみた




営業が向いてない人とはどんな人なのかを解説してみた

営業が向いていない人はこういう人です
わたしが営業歴20年という長い年月で沢山の営業マンを見てきた経歴から、営業が向いてない人の特徴をごご紹介しております




営業職とは?どんな仕事をするのか?楽しいのか?やりがいがあるのか?本当の所はどうなのか?

「営業職って何をするんですか? 出来るだけ詳しく教えてください!」に答えてみた!
営業未経験のあなたにとって営業は、TVドラマや漫画などで触れたことしかない職業かもしれません。実際はどんな仕事なのか?を、営業歴20年のわたしが解説してみました!”頭を下げて物を売るような仕事ではない”という事だけ、まずは申し上げておきます!





営業職に就くにはやはり営業センスが必要なのでしょうか?

営業はセンスによるところも大きいのでしょうか?に営業歴20年が答えてみた
自分には気の利いたトークや適格な受け答えなんてできるか自信がない・・・センスがない・・・というお悩みをお持ちのあなたに贈る記事です。少しだけネタばれすると営業にセンスはそれ程必要ないという事を書いております!





営業の求人募集で自宅を事務所にして仕事をする内容についてのデメリットとメリットとは?

営業の求人募集で自宅を事務所にして仕事をする内容についてのデメリットとメリットとは?
コロナ騒動もそうですが、求人を見ていると”在宅”でできる営業の仕事という求人がありました!わたしの予想とweb上で調べてみた内容ですが、在宅での営業の仕事のメリットとデメリットを書きました!





営業職って結局どこの業界でもノルマに追われて大変ですか?について解説

「営業職って結局どこの業界でも大変ですか?」に営業歴20年が答えてみた
営業ってノルマに追われて大変な思いをするというイメージが強いと思います。でもそれって営業の業種によるのか、本当の所はどうなのか?あなたのその懸念事項について営業歴20年のわたしがお答えいたします!






できる憧れる営業マンのイメージとは?

スーツをビシっと!!

スーツでビシっと決めて、スターバックスのテラス席で、ノートパソコンを目の前にして携帯電話で話しているビジネスマン。

こういう姿が、かっこいいとは思うけれど、いろいろ不安でいっぱいでなかなか踏み出せない・・・

営業なんてやったら上司に詰められてストレスまみれになったりしないだろうか・・・・

ご安心ください!大体、他のみなさんも最初は同じ思いなのです!

その状態から思い切って、営業の世界に飛び込んだ人達が、今の営業マンなのです。

スターバックスのテラス席でお客様と次回に合うアポイントの打ち合わせをしているのです。

わたしは営業経験は20年近くあります。

この20年を振り返ると、営業の仕事をやってきてかなりよかったと思っています。

確かに辛い事も沢山ありました。

辛すぎて、会社へ行く足取りが重くて仕方がないという事も沢山ありました!

しかしわたしが、高校時代からやっていたバイト経験を含めて、職歴を振り返ると・・・

結論、仕事内容的には「営業」という仕事自体は、案外辛い業務ではなかったです。

まだ若き日にやっていた居酒屋のバイトの方が遥かに忙しかったです。

特に店が混みあっている日の居酒屋のホールはドタバタ超絶忙しい

又、引っ越しのバイトの上司のパワハラに比べたら全然マシです。

それに、収入の額と身に付くスキル量は圧倒的に営業職がダントツ1位です。

それがわたしが、20年間も営業の仕事を続けてこれた理由の一つです。

プライベートにおいては、この仕事からの収入で、結婚式を挙げる事ができました。

結婚指輪や婚約指輪、新婚旅行、戸建ての購入までできました。

つまり、収入やスキル以外のもの・・ここでいうと”幸福感”ですね。これも手にできました。

わたしは、”営業”という仕事から、「人生の豊かさ」を頂けたのです!




営業の本質とは?

営業とは、人を脅して必要の無いものを買わせようとする仕事なのでしょうか?

実際はその逆で、1日中人々の問題を解決して回る仕事です。

問題を抱えている人を見つけます。

そして関係性を築き上げます。

最終的には問題を解決して人を助ける事が営業という仕事の本質なのです。

如何でしたか?ここまで読んでみて、営業という仕事に興味を持ちませんでしたか?

もし営業職に興味を持っていただけたなら、是非、人生修行だと思ってチャレンジしてみてください。

それでは最後にまとめて終わりにいたします。



営業に向いてないか診断のまとめ

向いてない向いてるの違いから自らを照らし合わせて診断してみる事

01.向いてない人の特徴

・努力ができない人

・勉強したり情報収集が嫌いで実行できない人

・メンタルが人並み以下

・プライドが高く素直に人のアドバイスが聞けない

・人と接することが嫌い⇒しかし人見知りは全く問題なしです。

02.向いてる人の特徴

・継続的に努力できる人

・勉強する事や情報収集する事ができる人

・少し位怒られたり注意されても動じない人

・遊び好きな人

・・・とはいえ弱点は長所で補えるからそこまで深刻にならなくてもOK

営業マンになるデメリットとメリット

03.デメリット

1◇ 対人関係によるストレスが多い

2◇インセンティブが貰えないと給料の額は低い

3◇お客様への電話対応程度の仕事は休日でもする必要がある事がある

4◇プレッシャーも半端がない事へのストレスはあるかもしれないですが、スポーツ選手だって、eスポーツ選手だって、基本的にプロの世界は皆、一緒

5◇クレーム対応はやらないといけない

6◇スポーツやゲームと同じ、結果が出せるように自分で考えて、行動しないといけない。その辺は言われた事だけしかしないという世界とは違う

04.メリット

1◆月間目標を達成できれば、インセンティブが支給されるので、給料が高額となる

2◆人間関係が良い職場が多いので、万が一、将来、会社を退職となっても人脈のつながりで、次の仕事が見つかりやすい事がある

3◆ビジネスマンとしてのスキルが向上するので、将来の道の幅が広がる

4◆人脈の広がりはプライベートにも広がり趣味のつながりをはじめとして、様々な人達と出会えるチャンスがある

5◆様々な人達と出会えるチャンスがあるという事は、知識や情報や経験も豊かになるので、人生が花開く

6◆スポーツやゲームと同様に、実力社会です。勝てばお金が稼げますし、負ければ悔しい思いで挽回すればよしです⇒仕事の意欲向上

05.営業マンになるにあたって持っていた方が良いスキルとは?

1・努力することが好き

2・簡単にはへこたれない

3・負けず嫌いであった方が上達は早い

4・素直さ

5・人との会話能力が”並”位あれば十分

06.営業の本質は、 最終的には問題を解決して人を助ける事が営業という仕事の本質

最後までお読み頂きありがとうございました!

あなたの転職活動が上手くいく事を祈って終わりにいたします。

それではまた!

ティーヒロ


/ ブログTOP/ 営業ブログTOP

営業の仕事のデメリットと転職における注意点-失敗しない営業職の選び方
今よりもやりがいのある仕事に就きたい!今よりも収入が多い仕事に就きたい!将来につながる仕事についてスキルを身に着けたい!⇒「営業」の仕事がぴったりです。営業の仕事には「やりがい」「高収入」「将来性」がたっぷりつまっています。あなたが営業マンに就職するまでを全面サポートいたします!

営業のコツとは?⇒Thiroのやり方を学ぶと営業センスが0のあなたでも劇的に売れるようになるので、売れないあなたを助けます!
今のあなたが営業センスが0であっても、わたしの記録ノートを学習する事で、営業という仕事に覚醒ができます。営業に覚醒すると営業という仕事が超絶に楽になり、活、楽しくて仕方がないものになります。勿論、インセンティブが稼げるようになれば、やればやっただけお金を稼ぐ事ができますね

T_hiroの記録ノートのトップ
それでも売れなかった営業センスが0のあなたでも 劇的に売れるようになる営業ノウハウ集ブログ/営業職の就職への支援/20代の営業マンにおすすめな腕時計特集