営業マンは腕時計をしていなくても良いのか?【スマホあるし・・・】


営業マンは腕時計をしていなくても良いのか?商談に影響しないのか?

この記事は約2分程で読める記事となっております。

スマホがあるし営業マンは腕時計をしていなくても良いのか?

結論からいうと営業マンは腕時計をした方が良いです!

この理由は3つ程ありまして、

1◆身の丈よりも少し効果な時計はそれを付けているだけで自信になるので、ブラフな自信を醸し出すのに一役買う効果が期待できる

2◆この営業マンはどんな腕時計をしているのかな?と興味を示すお客様は少なからず存在する

3◆お客様が腕時計をしていた場合はペーシング効果(相手に合わせると高感度がUPするテクニック)が多少なりとも期待できる

1.身の丈よりも少し高額な腕時計を付ける事で、少しビジネスマンとしては鼻が高い気持ちになります。

その気持ちはそのまま”自信”となって態度に現れます。

わたしが常日頃から言っている”自信満々な態度”で商談に臨む事が少し楽になる効果があります。

ですので安物の腕時計ではこの効果は期待できませんので、もし購入されるのなら少し高値のものを選択すると良いです。

しかし歩合給をもらって、ある程度まとまった給料をもらえたあなたなら7万円から8万円位の高値を狙っても良いかもしれませんね。

このラインの時計であれば、ブラフな自信を作る事に役立つ筈です。

しかし無理はいけません。

無理そうなら2万円前後のものでも充分です。

2.お客様の中には、腕時計に興味がある方がいらっしゃいます。

そういう方からしたら、間違いなく、ビジネスマンは腕時計をすることは当然の身だしなみと捉えている訳です。

ですので、「一体、この営業マンはどんな時計をしているんだ!?どれどれ・・・」

なんて事が多々あるのです。

そこで腕時計を着けていない事がわかった時点で、この営業マンは身だしなみがなっていないな!と捉えられ、商談に影響してしまうという事態も十分考えられます!

3.ペーシング効果が期待できる。

ペーシングとは相手の身なりやしぐさをなんとなく合わせる事で、好感をもってもらおうとする心理テクニックです。

つまりお客様が腕時計をしている時点で営業マンが腕時計をしていないと、その時点でディスペーシング (お客様と合っていない事) となってしまいます。

これがそれ程、大きなデメリットになりうるかと言えば解りませんが、心理学上プラスにはならないです。

という訳で結論、営業マンは腕時計をするべきであるという事です!

しかしきちんとした腕時計を購入しようと思えば、数万円から数十万円もするので高額なのも腕時計です。

なんでこんなに腕時計って高いの~!?高すぎでしょ!!!!

そう思いますよね。

・・・というわけで

次のページではなぜ腕時計がそんなに高額なのか?について解説をしていきます。