【時計入門】ミューレ・グラスヒュッテの評判|20代営業マン商談では恥ずかしい?


【時計入門】ミューレ・グラスヒュッテの評判|20代営業マン商談では恥ずかしい?

写真はミューレとは関係ありません。イメージ画像です。

ステータス性
★★★☆☆☆
知名度
☆☆☆☆☆☆
品質
★★★★★☆
営業マンへのお勧め度
★★★★☆☆
ティーヒロの好み度
★★★★☆☆

この記事は腕時計ブランド
ミューレ・グラスヒュッテ(Mühle Glashütte)
について書いております!

特に営業マンが商談で利用する場合に適しているのかどうかを中心に解説していきます。

この記事を読むと身に付く知識は以下の通りです。

・「ミューレ・グラスヒュッテ」はビジネスでつけても恥ずかしくないのか?

・「ミューレ・グラスヒュッテ」の評判

・「ミューレ・グラスヒュッテ」の代表的な腕時計

・「ミューレ・グラスヒュッテ」とは?

※わたし個人の感想が入る事が多々あります

※記事内でご紹介する時計の精度・性能は環境や年数、状態その他もろもろで普通に変化します

こちらの記事は大体約12分程で読む事ができます。

→すぐに詳細を知りたい方はココをクリックでそこまでジャンプします!

最後まで読んで頂く事で「 ミューレ・グラスヒュッテ 」についての知識がググっと深まるという事になります。

⇒腕時計選びにおいての選択肢がそれだけ増えるというわけですね。

どうもご機嫌如何ですか?ティーヒロです★

わたしは営業経験20年の、自分で言うのもなんですがベテラン営業マンでありブロガーです!

営業ノウハウブログと共に、趣味の腕時計についてのブログを書いております。

特に腕時計の知識が浅い営業マンに向けて腕時計の知識をご提供しております。

わたしはこのブログを執筆する為に1年半以上、腕時計の知識や情報を勉強してきました!

これまで学んできた事をこのブログで時計初心者向けに解説します!

わたしについての詳細は、プロフィールページに譲るとして、

早速ですが本題についての解決に入っていきたいと思います!

一番読まれている「価格帯別おすすめ腕時計ランキング」は記事の一番最後です。


目次
1◆ミューレ・グラスヒュッテの時計の評判は?

2◆ミューレ・グラスヒュッテの時計を20代営業マンがつけて恥ずかしくないか?

3◆女性から見たミューレ・グラスヒュッテの時計をしたメンズへのイメージは?

4◆男性から見たミューレ・グラスヒュッテの時計をしたメンズへのイメージは?

5◆ミューレ・グラスヒュッテは良い時計ですか?

6◆ミューレ・グラスヒュッテの品質の特徴やこだわりは?

7◆「グラスヒュッテ」の偉大さについて解説してみる

8◆ミューレ・グラスヒュッテの腕時計ラインナップを紹介

9◆ミューレ・グラスヒュッテのティーヒロの印象は?【☆評価解説】

10◆ミューレ・グラスヒュッテとは?ブランドの歴史について

11◆腕時計「ミューレ・グラスヒュッテ」について【Q&Aコーナー】

12◆【番外編】価格別ティーヒロおすすめ時計ランキング


ミューレ・グラスヒュッテの時計の評判は?


[ミューレ グラスヒュッテ]MUHLE GLASHUTTE 自動巻 TerrasportⅡM1-37-47LB 機械式[正規輸入品]


日本での知名度はかなり低いです。

恐らく時計通でないと知らないのではないでしょうか。

知っている人からしたら、使い心地や着用感に優れ、実用的な腕時計という印象の方が多いです。

以下の口コミはネット上を調査した内容です。

シンプルで文字盤の視認性が高いのがいい!

高級ブランドのような華やかさはないが、実用性に特化した時計という感じ

とにかく見やすいので、重宝してます

日付表示がドイツ語なので慣れるまではちょっと大変

精度が高くて全然ズレない

とこのように実際に利用している方々からの評価は高いです。





ミューレ・グラスヒュッテの時計を20代営業マンがつけて恥ずかしくないか?


MUHLE GLASHUTTE(ミューレ・グラスヒュッテ) トイトニア ザクセン・クラシック限定 世界250本限定 クロノグラフ デイデイト M1-29-45LB オートマ 自動巻き 中古 2608-017


全然恥ずかしくないです。

もし気に入った時計を見つけたのならば是非お勧めしたいところです。

品質も使い勝手も精度も申し分ない素晴らしい時計です。

一つ残念なのが知名度です。

知る人ぞ知るなので、恐らく殆どの方が

え?ミューレ?知らないな

で終わります。

とはいえ素晴らしい時計ですので是非おすすめいたします。

それでは次の項では女性からみたミューレ・グラスヒュッテをつけている人への印象についてご紹介します。





女性から見たミューレ・グラスヒュッテの時計をしたメンズへのイメージは?


ミューレグラスヒュッテ MUHLE GLASHUTTE メンズ 腕時計 ベージュ M1-37-47-LB 自動巻き 革ベルト [並行輸入品]


「シンプルで可愛い」という印象を持つ方が多いようです。

主張しないデザインでスーツによく合います。

文字盤も見やすく、着飾らない所がよいようです。

わたしの会社の同僚に写真を見せて意見を聞いてみた結果です。





男性から見たミューレ・グラスヒュッテの時計をしたメンズへのイメージは?

少しだけミリタリーチックでシンプルな所が良いという意見が多いです。

軍用っぽいという事ですね。

しかしやはり知名度が低いです。

わたしの会社の同僚からは、

???ミューレ?いい時計なの?それ?

みたいな反応をされました。

でも大丈夫!

いい時計なのですよ!

ちなみにあなたにはもっといろいろなブランドを知って欲しいです!営業マンにピッタリな時計は沢山ありますから!その辺は記事の最後におすすめランキング方式でご紹介するとしまして、ここではもう少しミューレ・グラスヒュッテの事を掘り下げていきます!

※おすすめランキングに飛びたい方はこちらからどうぞ!





ミューレ・グラスヒュッテは良い時計ですか?

良いのです!

素晴らしいですよ!

次の項では深堀りして解説していきましょう!





ミューレ・グラスヒュッテの品質の特徴やこだわりは?

 
ミューレグラスヒュッテのムーブメント

ミューレの素晴らしさを解説していく為に、まずはムーブメントについて解説していきます。

ムーブメントとは時計を動かす心臓部である動力装置の事です。

ミューレはスイスのムーブメント大手メーカーに外注していますが、そこにミューレ独自の機構を搭載させて独自仕様に改良しています。

詳細を解説していこうとすると複雑過ぎて時計技士を目指すような方への説明になってしまいます。

ここでは本当にザックリと超絶簡略化して説明します。

1) ミューレ グラスヒュッテ自動巻きローター

「自動巻き」とは装着している人が歩く時の腕の振りでゼンマイを自動的に巻き上げる仕組みの時計です。

ミューレはよりよく巻き上がるように遠心力を利用して巻上げ効率を上げる効果を出しています。

2)ウッドペッカーレギュレーター

細かい話を置いておいて簡単に言うと、微細高精度調整が簡単になる機械の作りになっているという事です。

メンテナンスやオーバーホールが楽になるわけです。

これはミューレが自社の誇りとしています。

3) 3/4プレート

ムーブメントを約3/4も覆う位の板(プレート)形の仕掛け(機構)です。この仕掛けにより時計の精度や耐久性の向上が得られるようになっております。

このプレート機構の製造は、高い成型技術が求められます。

時計の組立工程においても熟練した技術が必要です。

つまり高級機しか採用できないものです。

ミューレ社は、ETA社のムーブメント「ETA7750」をベースにしたクロノグラフモデルにだけこの「3/4プレート」を採用しています。

このようにミューレは、外注に出して出来上がってきたムーブメントに、更に手を加えて精度を高めています。

 
ミューレについて

ミューレ・グラスヒュッテ(Mühle Glashütte SA )とはドイツの船舶用測定機メーカーです。

日本では腕時計メーカーとして知られています。

本社はドイツ、ザクセン州にあるグラスヒュッテにあります。

人工7000人位の小さな町です。

ムーブメントはETA社に外注しています。

それを独自に改造調整して製品化しています。

実用性の高いデザインをこだわっています。

例えば、文字盤は時刻が見やすいよう数字表記を大きめにしています。

時刻がわかりやすいフォントを使用しています。

つまり視認性は抜群というわけです。

文字盤の数字(インデックス)やサブダイヤルは塗装ではなく立体的に加工されております。

だからチープな雰囲気が全く無いです。

現在も創業者一族が会社を運営しています。

 
ミューレの腕時計

こだわりは、『精度』『堅牢性』『読みやすさ』です。

実用的で機能性を意識した時計作りをされています。

どのモデルも高い防水性能と、ドイツのクロノメーター規格に準拠した精度(1日当たり0秒~+8秒程の誤差)を備えています。

商品規格では日差6秒以内との事です。(情報元はネット上です)

それでいて、限定モデル以外は、10万円台から30万円台で非常にお求めやすい価格帯になっています。





「グラスヒュッテ」の偉大さについて解説してみる

「グラスヒュッテ」とは、ドイツ時計の聖地と称えられている土地名です。

旧東ドイツの東南部、チェコ、ポーランドの国境近くのザクセン州にあります。

元々は、鉱山の町でした。

人口約7,000人の小さな町です。

ドイツ時計産業の発祥の地。

現在も多くの時計工場が建ち並んでいる地域です。

この地で製造された超高品質な時計を指し示す基準に「グラスヒュッテ基準」があります。

「グラスヒュッテ」を名乗れるのは、この基準をクリアした時計だけです。

【グラスヒュッテ基準の例】

時計のパーツの50%以上がグラスヒュッテ内で製造したもの

ムーブメントにはスワンネック緩急針や3/4プレートなどの装飾が入っていること

などなど

スイスでいうクロノメーター基準を上回る厳しい規格とされています。

【用語解説】
名称「クロノメーター基準」
天文台やスイスなどの公的機関が定めた時計品質の基準
特定の環境下に置いて日差(日にどれくらい時刻がずれるか)を査定
日差-4秒~+6秒以内
2cm以下のムーブメントは-5秒~+8秒以内が基準
ちなみに一般的な機械式時計は日差-20秒~+40秒程度

結論、「グラスヒュッテ」が名乗れるという事は非常に高品質であり様々な条件をクリアしていないと駄目なのです。

そういう名誉ある称号です。

次の項ではミューレ・グラスヒュッテのラインナップをご紹介していきます!





ミューレ・グラスヒュッテの腕時計ラインナップを紹介


ミューレグラスヒュッテ MUHLE GLASHUTTE メンズ 腕時計 ベージュ M1-37-47-LB 自動巻き 革ベルト [並行輸入品]


それではミューレ・グラスヒュッテの代表的な時計をご紹介していきましょう!

耐衝撃性と100m(10気圧防水)性能を保持する耐水性の高い時計ケースを使用しています。

水辺やプールサイドでの利用位なら大丈夫です。

水没は耐えられないですが・・・

ブラウンのナチュラルレザーにホワイトステッチを施しミリタリー感があって素敵です。

シンプルなのでスーツにも合いそうですね。

ドイツ・クロノメーター規格に合格しています。

日差-0~+8秒の精度です。

通常であれば機械式は、良くても日差±15秒です。

その精度の高さが解ると思います!

直径40mmと日本人男性の手首にピッタリなサイズ感です。

重量や厚みの情報が見つけられませんでしたのでその辺は不明です。

どなたか教えてください(^ ^)


ミューレグラスヒュッテ MUHLE GLASHUTTE メンズ 腕時計 M1-44-05-LB 自動巻き ムーンフェイズ 革ベルト [並行輸入品]


ムーンフェイズが愛らしいモデルです。

直径41mmと僅かに大き目ですが、日本人男性の手首にピッタリなサイズ感です。

厚みですが、通常の腕時計は10mm~15mm位が標準の厚みとされています。

それに比べてこちらの厚さは9mmと薄いです。

こちらも重量の情報が見つけられませんでした。

ど・・・どなたかご存知の方はいらっしゃいませんか?(о´∀`о)


[ミューレ・グラスヒュッテ] メンズ TEUTONIA II MEDIUM オートマチック ウォッチ 腕時計 M1-30-22-LB 34mm [並行輸入品]


こちらの時計は、直径34mmと小さいです。

手首が細い方向けですね。

ゴツイ手首には似合わないです。

厚みは12mmと一般的な腕時計レベルです。

こちらの時計についてもあまり詳しい情報が見当たらないです・・・


[ミューレ・グラスヒュッテ] メンズ TEUTONIA II QUADRANT オートマチック クロノグラフ ウォッチ 腕時計 M1-33-35-LB 38mm [並行輸入品]


ガラリと雰囲気が変わりまして角盤ですね。

こちらの時計も、直径38mmと小さいです。

手首が細い方向けですね。

ゴツイ手首には似合わないです。

厚みは15mmと一般的な腕時計レベルです。

こちらの時計についてもあまり詳しい情報が見当たらないです・・・

ざっとですが他に以下のような時計がラインナップされていますよ


[ミューレ・グラスヒュッテ] メンズ TEUTONIA SPORT II オートマチック ウォッチ 腕時計 M1-29-73-NB 41mm [並行輸入品]



[ミューレ・グラスヒュッテ] メンズ TEUTONIA II KLEINE SEKUNDE オートマチック ウォッチ 腕時計 M1-33-45-MB 41mm [並行輸入品]






ミューレ・グラスヒュッテへのティーヒロの印象は?【☆評価解説】

記事冒頭の星★印評価を振り返ります!

ステータス性
★★★☆☆☆
知名度
☆☆☆☆☆☆
品質
★★★★★☆
営業マンへのお勧め度
★★★★☆☆
ティーヒロの好み度
★★★★☆☆

品質も営業マンへのおすすめ度も高得点です。

わたし自身の好みも高値をつけました。

ステータス性もあります。

この辺は当記事を読んで頂ければ納得してもらえるのではないかと思います。

もし話し相手が、ミューレを知らなくても値段を言えば一般の方なら「凄くいい時計じゃない!?」と驚かれる筈です。

しかしやはり知名度が残念です。

★評価は以下の通りで評価しています。

なし・・・・・・・良くない

★・・・・・・・・やや悪い

★★・・・・・・・普通

★★★・・・・・・優秀

★★★★・・・・・超優秀

★★★★★・・・・超絶優秀

★★★★★★・・・神がかっている

次の項ではミューレの歴史について解説してみます。

※価格別のおすすめランキング記事へすぐ飛びたい方はこちらからどうぞ!





ミューレ・グラスヒュッテとは?ブランドの歴史について

1869年 – ロバート・ミューレ氏により創業【測定機械と精密機械のメーカー】

1945年 – 第二次世界大戦敗戦→解体へ

1946年 – 実質半分だけ国営化されて復活

1969年 – 創業者一族のハンス・ユルゲン・ミューレ氏が社長へ

1972年 – 「グラスヒュッテ時計産業公社」に吸収合併

ハンス・ユルゲン・ミューレ氏はその輸出部門の担当へ

1994年 – 再興→これ以降は船舶用の時間計測システムおよびクロノメーターの製造を担う

1995年 – 腕時計製造に参入

『グラスヒュッテ』の名を使っている事を、ノモス・グラスヒュッテから告訴される

まあ、実際は、グラスヒュッテ基準は満たしてはいたようなのですが・・・

1997年 – 法的闘争にて敗訴

→破産申請。

創業者一族のティロ・ミューレが6代目社長に就任→会社立て直しに入る。

2006年、自社工場完成

同年、メルセデスベンツ社とのコラボモデルを発表

Mühle Glashütte

【ミューレ家のちょっといい話】

元々グラスヒュッテは、銀山で栄えた町でした。

しかしやがて銀も採れなくなり閉山

その後は、寂れて貧困状態に陥っていました。

1845年、ドイツのザクセン王国の宮廷時計師だったフェルディナント・アドルフ・ランゲ氏(A.ランゲ&ゾーネ創業者)とその弟子達がやってきます。

この寂れた街を、時計産業で復活させよう!

という意気込みで街で、時計技士の育成をはじめます。

元々、銀山鉱業で発展していた街です。

銀の扱いには慣れていたのですね。

しかし時計作りはそうそう簡単ではありません。

地元の若者達に時計作りを教えることは想像以上に時間や手間がかかりました。

生産性は最悪

アドルフ・ランゲ氏はそれでも諦めません。

時計作りのプロセスを抜本的に見直し「作業分担制」を導入したのです。

それは見事にハマりました!

この事が発端となり、グラスヒュッテは時計産業を基盤にドンドンと発展していきました。

この出来事を裏で支えていたのが、実はミューレ家であったという事です。

その後、ミューレは“日差0.01秒”という超高精度のクオーツ式マリンクロノメーターを開発するなど、時計業界で活躍を見せました。

現CEOであり、ミューレ家5代目のティロ・ミューレ氏曰く

『小規模だからこそ論理的であれ』

という思想をもっています。

機能に対して真摯に向き合い、本質を重視する事。

「時計は計測機だ」

これがミューレ家の思想です。

昨今は、忙しい時代

だからこそ美しくエモーショナルな時計を作っていくスタンスを貫いています。

それでは次の項は、よくある”その他の疑問・質問”に答えていくQ&Aコーナーです!

▼Q&Aコーナーを飛ばしたい方はこちらをクリックしてスキップできます。




腕時計「ミューレ・グラスヒュッテ」について【Q&Aコーナー】



 
【質問】ミューレグラスヒュッテってどんなメーカー?

A.創業年1869年、旧東ドイツ領のグラスヒュッテで計測機器メーカーとしてスタートしています。

シンプルながら実用性が高く精度の高い時計を作るメーカーです。

しかし日本では知名度が低いので知る人ぞ知るです。

▼項の始めに戻る

 
【質問】ノモスとミューレはどちらが格上?

A.知名度もステータスもノモスが上です。

▼項の始めに戻る

 
【質問】ミューレの時計の修理やオーバーホールはどこに依頼すれば良い?

A.今の日本の正規代理店は「 Cypress Trading 」です。・・・2021/6/26現在

↓こちらへお問い合わせください。

https://muhle-glashutte.jp/

▼項の始めに戻る

 
【質問】名前にグラスヒュッテと付いている他のメーカーとの違いは?

A.「グラスヒュッテ」と名前に付いているメーカーはざっとわたしの知る限りでは11あります。

それぞれは全くの別会社であり関連はありません。

ドイツのグラスヒュッテという町で製造されて「グラスヒュッテ基準」をクリアしているメーカーだから名前にそう付けています。

その基準をクリアしているという事は一つのステータスであり誇りなのです。

それ程厳しい基準です。

だから名前に「グラスヒュッテ」とつけてアピールしているわけです。

※価格別のおすすめランキングに飛びたい方はこちらからどうぞ!





【ミューレ・グラスヒュッテの時計の評判】記事の内容をまとめます!

・記事に書いてある事はわたしの感想を多く含む

・記事内でご紹介した時計の精度・性能は環境や年数、状態その他もろもろで普通に変化する

・日本での知名度はかなり低く、ある程度の時計通でないと知らない

・知っている人からしたら、使い心地や着用感に優れ、実用的な腕時計という印象の方が多い

・営業マンが着けても全然大丈夫!品質も使い勝手も精度も申し分ない素晴らしい時計

・ミューレの時計へのこだわりは実用性とシンプルさ

・ムーブメントへは以下の3つのオリジナル機構を搭載

1) ミューレ グラスヒュッテ自動巻きローター

巻上げ効率を上げる

2)ウッドペッカーレギュレーター)

微細高精度調整が簡単になる

3) 3/4プレート

時計の精度や耐久性の向上




それでは以上となります。

あなたに素敵な腕時計ライフを!

それでは最後まで読んで頂きありがとうございました。

ティーヒロ


/HOME/腕時計ブランド辞典/おすすめ腕時計ランク




【番外編】価格別ティーヒロおすすめ時計ランキング

腕時計入門者の為に、実際に腕時計を選ぶ時に参考にして欲しいのでランキングにしました!

価格帯別でランクしています。

【~3万円】【~5万円】【~10万円】【~20万円】【~50万円】

記事が冗長してしまうので、詳細は以下の記事にて発表します!↓

是非、腕時計を選ぶ時の参考にしてみてください!

【価格帯別】おすすめ腕時計ランキングTOP5【20代メンズ営業マン対象】
腕時計に疎い方用に購入の参考にしてもらう為、ティーヒロおすすめの腕時計をランキング形式でご紹介!
価格帯別【~3万円】【~5万円】【~10万円】【~20万円】【~50万円】

それでは!バイバイ(@^^)/~~~ティーヒロでした!