腕時計ブランドのエポスとは?着けて恥ずかしいのか?


腕時計ブランドのエポスとは?着けて恥ずかしいのか?

※写真は ジュラ山脈とジュウ渓谷とは関係ありません
ステータス性
★★★☆☆☆
知名度
★☆☆☆☆☆
品質
★★★★☆☆
営業マンへのお勧め度
★★★★☆☆
ティーヒロの好み度
★★★★☆☆


どうもご機嫌如何ですか?T_hiroです★

本日の記事のテーマは腕時計メーカーである「エポス」について解説していきます。

営業マンが着けても恥ずかしくはないのかどうか?ここにも焦点をあてて解説していきます!

当ブログは、読者であるあなたを想定したキャラクターである高木君とわたしとの会話を通じて解説しております。

記事の内容の信憑性については、雑誌で調べたりWEB上で調べたりした事を紹介しております。
では早速はじめていきますね(^_^)

目次

それでは本日も講座をはじめていきましょうか!本日のゲストは高木君です!どうぞ!

どうもこんにちは。高木です!よろしくお願いします!

よろしくお願いいたします!では本日のテーマは、腕時計ブランドである「エポス」について解説していくと共にエポスの腕時計を着けていると恥ずかしくないかどうかも解説していきます!

はい!よろしくお願いいたします!

ではスタートしましょう!



営業マンがエポスの腕時計を着けていて恥ずかしくないか?

これについては少しweb上での評判も調べてみたのですが、「昔は良かったのだが・・・」という意見が多かったです

昔ですか?どういう事ですか?

そうですね〜なんと言いますか、昨今ではデザイン面で他と差別化があまりなされていないという意見が多かったですね

成る程

つまり”エポスらしさ”というものがないというわけです。腕時計としての出来は悪くはないし良質だけど、ピンとくるものがないという印象でしょう

成る程

ただその中でもエポスの代表的な腕時計である「ナイトスカイ」については一定の評価はありましたよ

ナイトスカイですか?

はい。星空がちりばめられた凄くユニークな腕時計なのですが、ナイトスカイについての詳細は後半にご紹介しますね

解りました!

では営業マンがつけたらという場合はどうかという答えなのですが

はい

お客様がもし時計好きであったり、コレクターの方であれば、「なんでわざわざエポスにしたんだろ?」と思われるでしょう!

成る程

と、言ってもわたし個人の考えでは後述するナイトスカイなんて、もし凄く気に入ってしまって着けるというのであれば良いとは思います

だから結論、営業ではつけない方が無難です。と、言っても一般知識位のお客様相手であれば全く問題はないですし、そういう方々の方が圧倒的に多いでしょうから、どうしてもという方や、既に購入してしまったのであればそれはそれで着けても勿論、大丈夫ですよ

成る程、解りました!



腕時計ブランドのエポスの歴史とは?



時計エンジニアのジェームス・オベールについて

このジェームズ・オベールという人が凄い人なのですよ!

へえ〜

長年、クロノグラフとミニッツリピーターの技術的発展に研究を重ねていた人です

えと、クロノグラフは確かストップウォッチ付きの腕時計の事でしたね?ミニッツリピーターって何でした?

はい。簡単に言うと音で現在時刻を知らせてくれる装置の事です

成る程

このクロノグラフとミニッツリピーターは小さな腕時計の構造上、非常に精巧精密な装置なのですが、ジェームス・オベールはその研究に明け暮れていたという人なのです 

へぇ〜

だから周りからは”複雑時計のスペシャリスト”と呼ばれていたりしたのですね

成る程

特に機械式腕時計に拘って時計製作を進めていました

はい

そして・・・

1925年、スイスのジュウ渓谷に、ジェームス・オベールは、自分の時計工場を設立

その後、ジェームス・オベールは、自分のその機械式腕時計の知識と技術を、甥である”ジャン ・オベール”と義理の息子である”ジャン・フィロン”に引継ぐのです

成る程



-エポス創始者ピーター・ホッフォー登場!

そして歴史は一度場面が変わりまして、ピーター・ホッファーという男の話になります

はい

ピーター・ホッファーはスイス時計業界ではいわゆる”重鎮”と言われる存在で、 この人もまた、機械式時計に対しての未来のビジョンを持っていたのです

はい

1983年、ピーター・ホッファーと彼の妻であるエルナ・ホッファーは、機械式時計を専門に製作する会社「Montres EPOS SA.」を設立

しかしこの1983年というと、スイスの腕時計の流行的にはクオーツウォッチ全盛時代なのですよ

クォーツというと電池で作動する時計ですね!

そうです!その中でもあえてゼンマイネジの機械式という、工芸品的価値の高い腕時計にこだわって会社を起業したわけです

成る程。でも好きな人は好きなのでしょうね!機械式

その通りですね!しかし当時は、いくつかの高級ブランドは別として、どの時計メーカーも、これ以上は機械式時計を製作しようとは考えず、 クオーツウォッチ主体にしていこうとしていた訳で、そんな時代の波に逆流してというカッコよさはありますよね!

成る程

しかしピーター・ホッファーの凄い所は、その人脈の多さでもあり、様々な時計工房とのコネが豊富だったのです!これがこの時代に戦略が成功を収めた要因の一つです

へぇ〜コネですか!?

そうですね!スイスの、ジュラ山脈とジュウ渓谷の両地で工房を持つ技術力の高いメーカー達とのコネは大きかった筈です

成る程

そしてここで再度登場しますが、ジェームス・オベールの義理の息子であるジャン・フィロンとも太いコネを繋げていたのですよ

成る程

そうして「Montres EPOS SA.」(エポス)はその素晴らしき斬新さとコネクション達のフォローを持って機械式時計専門メーカーとして急成長していくわけです

成る程

以来20年間、彼は技術と知識と自ら作った伝統を持って、素晴らしい機械式時計のコレクションを製作していくわけなのです



-ジェームズ・オベールの技術・伝統とエポスの融合

所で、そのジョン・フィロンはその後、どう関わっていくのですか?

はい。エポスのウォッチエンジニアのチーフに就任します。そしてエポスの複雑時計の製作は全てジョンの工房である”ジェームズ・オーバートSA”で行われるようになるのですが、これは現在もそのまま受け継がれていますよ!

成る程

だからエポスの複雑精巧時計は、冒頭に登場したジェームス・オベールの技術がそのま
ま受け継がれているという訳なのです

成る程

2002年、スイスの由緒あるウォッチメーカーの家系の出身である女性「ウルスラ・フォルスター」と彼女の夫である「タムディ・チョンゲ」は、スイス時計産業での秀でたキャリアと幅広い人脈があった為、 ピーター・ホッファーの後継者としてエポス社を引き継ぐ

タムディ・チョンゲ➡️CEO

ウルスラ・フォルスター➡️社長



-エポスのムーブメントを製造するEAT社製とは?

エポスの時計は全て機械式時計にこだわり、全てのモデルのムーブメントにはETA社のものを使用しています

ETA社ですか?

そうですね!ETA社とは、時計のムーブメントを専門に製造するメーカーです

成る程

スウォッチグループに所属していて、1990年代にはスイスの時計ブランドの8割が搭載していたと言われているメーカーですね

はい

その精巧で正確なムーブメントの信頼度の高さから搭載するブランドも多く、その地位が揺らぐことがありません。というそういう
会社ですね

成る程

2004年、ヘブドマス社製の8日巻きムーブを用いた「Ref.3340」「UHREN MAGAZIN」で金賞を受賞

「UHREN MAGAZIN」はヨーロッパで最も権威のある時計雑誌なのです!

へえ〜

この雑誌の賞を受賞する事で、世の中に、精巧に複雑なロジックを組み合わせた技術と腕時計技術を突き詰めていく事で、時計は価値が向上するという事、そして決して高額ブランド腕時計でなくとも良いものは作りだせるのだ!という企業精神を知らしめた訳です

成る程!カッコいいですね!

2005年、「フライングトゥールビヨン」を発表

・・・と、言いつつ、翌年には超高級腕時計としてフライングトゥールビヨンを発表するのですが、これは400万円弱もするものだったのですよ!

よ・・・400万ですか!?高っ!

笑)・・・しかし高級時計もつくれるのだ!というアピールにはなりましたね

2007年には「センタースモールセコンド」と、両面スケルトンの「ポケットウォッチ」発表

2008年は、精悍なデザインの「スポーツ コレクション」とスケルトン仕様の「スポーツ コレクション スケルトンクロス」発表

成る程、立て続けに新商品を出していく訳ですね!

2011年、腕時計のダイヤルに星空をあしらったトリプルカレンダーモデルである「ナイトスカイ」を発表

これこそ昨今のエポスの代表作となったナイトスカイです!

へえ

凄く幻想的でロマンチックですよ!星をちりばめた夜空で、実際の月の満ち欠けを、より正確な形で月が浮かび上がるのですよ!

へえ〜夜空ですね!成る程〜正に”ナイトスカイ”という訳ですか!?

そうですね!正に腕時計に、宇宙の神秘を凝縮させた時計です!

へえ

スイスでは、実際に、1960年代に高級時計にこのムーンフェイズをあしらったモデルが流行ったのですが、そこに独特なテイストを加えて、エポスならではの腕時計に仕上がっていますよ!

成る程

では続きまして、いくつかエポスの腕時計を見てみましょうか!



エポスの腕時計をご紹介


エポス エモーション ナイトスカイ ムーンフェイズ 腕時計 メンズ EPOS 3391BLM [並行輸入品]


ではトップバッターはエポスの「EMOTION」シリーズですね。これがナイトスカイです!

ああこれですね!確かに星空ですね!

他にもいくつかご紹介してみましょうか


エポス エモーション ナイトスカイ ビッグムーン ムーンフェイズ 腕時計 メンズ EPOS 3440RGBL[並行輸入品]



[エポス] エモーション クラシックスケルトン 3336 腕時計 メンズ 自動巻 Emotion Classic Skeleton スケルトン レザーストラップ [並行輸入品]


スケルトンはエポス社の得意分野でもあるのです!


[エポス] オリジナーレ 3420SL 腕時計 メンズ 自動巻 クロノグラフ レザーストラップ Originale [並行輸入品]



[エポス] オリジナーレ レトロ 3437BLM 腕時計 メンズ 自動巻 Originale Retro Look メタルブレス [並行輸入品]


比較的安価ではありますがシンプルで紳士的ですね!こちらは「ORIGINALE」シリーズです


[エポス]EPOS 3413BKRDM スポーティブ Sportive 機械式自動巻 メンズ 正規品


最後に「SPORTIVE」シリーズでこういうデザインもあるのですね!

成る程!

・・・というわけで「エポス」についてはここまでとしますね!では最後にまとめて終わりにしましょう!


エポスに腕時計まとめ

エポスブランドの腕時計は世間の腕時計コレクターや愛好家の間では不人気だが、スーツには合うので一般知識のお客様相手であれば問題はないです

しかし複雑精巧精密な機械式に拘った作りは本物です


/ ブログTOP/ 腕時計選びTOP/ 腕時計のブランド・メーカーまとめ

20代のメンズの為の腕時計のメーカー、ブランド、うんちくまとめました
あなたは現状、まだ腕時計について、メーカーやブランドの知識が薄い為、どの腕時計を手にするればよいのか右も左も解らない状態ですよね?数多い腕時計メーカーとブランドについて紹介した記事をまとめました!

ビジネスで使うメンズ用腕時計徹底調査。買ってはいけない腕時計を暴露!!-営業マンの身だしなみ
営業マンとして果たしてどのような腕時計を身に付けたら、営業現場でのお客様からの評価が高いのでしょうか?ここでは営業マンの為のお勧めな腕時計のブランドから腕時計そのものまでチョイスを失敗しない為の知識とおすすめをご紹介しております

20代のメンズが、ビジネス用として購入すべき腕時計ランキング
営業マンとして果たしてどのような腕時計を身に付けたら、営業現場でのお客様からの評価が高いのでしょうか?ここでは営業マンの為のお勧めな腕時計ランキングをご紹介しております!

T_hiroの記録ノートのトップ
それでも売れなかった営業センスが0のあなたでも 劇的に売れるようになる営業ノウハウ集ブログ/営業職の就職への支援/20代の営業マンにおすすめな腕時計特集