営業職のデメリットとは?【知らなきゃ失敗する営業への転職】


営業職のデメリットとは?【知らなきゃ失敗する営業への転職】

どうもご機嫌如何ですか?ティーヒロです!

本日の記事のテーマは営業職のデメリットと、転職における注意点について解説していきます。

営業職に特化した転職の話ですね。

この記事を読む事で以下の知識が身につくようになっております。

・営業職に就くデメリットとメリットが理解できる

・営業という仕事が向いているかどうか不安の解消

・営業という仕事に必要なスキル

・営業職へ転職する為の手順

・ブラック企業の見分け方

一言で言えば、営業職への転職についての不安を解決します。

それにより恐れず尻込まず、堂々とさわやかな気持ちで転職活動に打ち込める筈です。

記事の内容の信憑性については、わたしの経験や、書籍で調べたりWEB上で調べたりした事を紹介しております。

では早速はじめていきますね(^_^)

目次
1◆営業職のメリットとデメリットとは?

2◆営業職に転職したとしても自分に向いているかどうか不安な声にお答えいたします

3◆営業職に転職する場合に必要となってくるスキルとは?

4◆0から営業職に転職するまでの手順完全MAP

5◆営業職への転職の時のデメリットの一つ、ブラック企業の見分け方

6◆未経験者としてはどんな種別の営業職に転職すればよいか?

7◆今の会社へ退職願いが出しにくい方はこういう便利な会社もある

8◆営業職への転職におけるデメリットとは?-まとめ

以下にそもそも営業の仕事ってどんな事をする仕事なの?「営業職とは?」という疑問に答える記事のリンクを貼っておきます。もし営業という仕事がどんな事をする仕事なのかという事にご興味があれば参考にしてみてください!

【営業歴20年が解説】営業職とは?-まとめ-
営業の未経験者が、「営業職とは実際の所どんな職種なのか?」と疑問に思っている事を、営業歴20年のベテラン営業マンが徹底解説

でもちょっとやはり営業は遠慮したいな・・・ともし感じられた方は一度以下の記事を読んで欲しいです(^_-)-☆

なぜプログラマーより先に営業マンになるべきなのか?
人生規模であなたの生き方設計をして欲しいから・・・転職活動の入り口である職種選びの前に必ず読むべき記事です。目先の事にしか目がいっていないと必ず失敗をしてしまうからまずは広く物事を見て、職種を選ぼうという話です。プログラマ―志望でなくても読んで欲しい記事です。 


「プログラマ―」志望でない方も読んでみて欲しいです↑



営業職のメリットとデメリットとは?

ではまず営業職に就く事のデメリットとメリットをご紹介します!

これは営業歴20年のわたし個人の意見と、これまで見てきた営業新人さんや同僚を見てきて感じた事を元にご紹介しますね。

デメリットとメリットをそれぞれ羅列してみます!

 
営業職のデメリットとは?

a.売れない期間、つまりスランプの間は精神的にきついです

b.成果がでないと上司からつめられるかもしれない

c.営業の種類によっては休日でも電話対応をしないといけない・・・時にはクレーム対応も・・・

d.クレーム対応もしていかないといけない

e.お客様から、門前払いをされたり断られる事は日常茶飯事

デメリットをざっくりご紹介するとこんな所です。ちなみにこれはわたしの20年間における営業経験から導きだしてみました。

ここで恐らく、

「え?な~んだ、結局成績が悪ければ詰められるんじゃないか!!」と思われたかもしれません。

その通りです!ここは一つ冷静になりよく考えてみてください。

他の仕事であっても、成果が出ていなかったり、生産性が悪ければ、恐らく会議室に呼び出されて、コンコンと詰め、理詰めされるのではないでしょうか。

それは何故かと言うと会社としては、給料を払っているからです。

給料を払っているのにも関わらず、全く成果が出ていなければ、改善しないと人件費だけ持ち出しです。

会社も馬鹿ではありませんので、改善策を打つ為にまずはミーティングを行うのは当然なのではないでしょうか。

しかし!!!

昨今は社内コンプライアンスが叫ばれている時代です。

パワハラ・ストレス・過度な残業等・・・

実際はそれほど昔のようにガチで詰められる事はよほどの事がない限りないですので、ご安心ください。

それに昨今のリーダー職の方々はきちんと本を読んで勉強している人達が多いです。

人のモチベーションの上げ方もきちんと知っている人が多いです。

それ位の努力をしていないとリーダー職にはなれないからなのですね。

だからそれ程、恐れなくても良いですよ。

大丈夫です!

しかしとは言っても、誰でもできるような作業ワークをサボって怠けてやらないというのは、その限りではないですよ

どうしても能力や経験に結果が左右されるような事柄に対して結果がでなくてもそこまで詰められる事はないです!

ではつづいて営業職に就くメリットをご紹介しますね

 
営業職のメリットとは?

1.コミュニケーション能力の向上

2.ヒヤリング能力→人のニーズを汲み取る力

3.交渉力の向上

4.段取り力の向上

5. ビジネスマナーの習得と実践経験

6.目標を達成した時のやりがい感は半端ない!

7.達成すれば歩合給(インセンティブ)がはいる→給料が上がる

8.3K(汚い・臭い・危険)以外の仕事で、活、未経験者・能力が低い人でも給料手取り30万以上が可能の仕事は「営業」以外で何かありますか?

9.人にものを「売る」という事ができるようになれば、他の道でも応用できる

10.ゲーム制が高い→成果が出たら楽しい。目標達成ギリギリの所が一番楽しい

11.同じ営業部の中の人間関係がすごく良い。困った事があればまわりが助けてくれる職場が多い。

12.社外にいる事が多いのでお昼や休憩時間は自分の自己管理で自由にできる

13.サボれる。バレなければ家に帰ったり漫画喫茶にいて時間をつぶす事もできる

どうでしょうか!?このデメリットに対して、メリットの多さと身につくスキルの数々を!!

しかもこれだけではありませんよ!まだまだあります!!!

14.プレゼンテーション能力(説明上手)

15.メンタル強化

16.対人への度胸がつく

17.数字への意識付けの習慣化

18.目的意識の向上

19.経験

20.相手に寄り添う力

21.気遣いができる人になれる

22.第一印象をピカ一になる

そして意外と自由!でも稼げてしまう!

そして何より22個ものスキルと能力が身に付く!

結論、営業の仕事はぜひおすすめしたい職種なのです!

ちなみにこの営業職のメリットとデメリットについてもっと詳しく知りたいよ!という方は以下に詳細を解説した記事へのリンクを貼っておりますのでぜひ参考にしてみてください!

実際、営業ってどうよ?営業の仕事の良いところと悪いところ
営業の大変なところや未経験でもつとまるものなのか?様々な疑問に答えています。ざっくり営業職に就くと良い事11選をご紹介しております。トップセールスマンを目指すのも良し、ある程度までやってさぼりまくるのも良し・・・マイペースで働ける事も営業のだいご味です。

わたしがあなたに営業職をおすすめする大きな理由の一つに「スキルアップ」があります

コミュニケーション、交渉、販売スキル、段取り力、ビジネスマナーが身に付けば、どこでも何をしても生きていけます

このスキルを身に付ける修行期間という認識で営業の世界に飛び込むのもありですね

例えば1年間だけ期間を設定し、その1年は徹底的に修行するという考えでも良いですね

2年後は独立したり、ネット上でビジネスをはじめたりすれば良いですね。”販売できるスキル”は生きていく為の力です。スキルは高ければ高い程、裕福な人生が待っています



営業職に転職したとしても自分に向いているかどうか不安な声にお答えいたします

実は世間的によく言われる「営業センス」というキーワードの話なのですが、確かに”向いている/向いていない”

・・・つまり”営業センスのある/なし”は営業マンにとっては大切な要素ではあります。

しかし実は「営業」という仕事は「言葉が話せない」または「人と合って話す事が苦痛で仕方がない」という方以外は誰でもできる仕事といえるのです。

なぜかというと、スキルは”鍛えられる”という事と、短所を長所が補ってくれるからです。この話をさらに掘り下げる為に「営業センス」についてもう少し解説を付け加えます。

これは実は一言で「営業センス」と言ってもその中身がいくつかの要素に分解できて、その中で”得意/苦手”とで分類できるのです!

以下が「営業センス」を分解した個々の要素となります

頭の回転の良さ

ワーキングメモリ量・・・ 脳の作業容量の事です。 人の脳をパソコンに例えたら”作業メモリ”にあたる部分の事です

コミュニケーション力

物事をやり遂げようとする気持ち

集中力の持続性

人に好かれるキャラクター性

感情移入できるか?

コツコツ努力できるか?

お金を稼ぎたいという気持ちはあるか?

素直差

誠実差

これらを総称して「営業センス」と呼びます

これら全てが得意でなくても全然大丈夫です!苦手な部分があっても良いです!なぜなら得意分野が苦手分野を補ってくれるからです!!

更にはこの一覧の項目の殆どが 「鍛えてレベルUPできる」又は「意識して改善できる」という性質を持っているからです。

「レベルUPできる」「得意が苦手を補う」という事。

これが、営業は「言葉が話せない人」「人と話す事が嫌いで仕方がない人」以外であれば誰でもできる仕事ですという理由なのです!

この話について更に詳しく深堀したいという方は以下に詳細を解説した記事を貼っておりますので、ぜひ参考にしてみてください!

営業が向いてない人、営業職は避けた方が良い人はこんな人です
ただしいくら良いところが多い営業職ですが、不向きな方もいらっしゃいます。どんな仕事でもそれは同じですね。営業の仕事を探す前に一度、こちらの記事でご自身が営業に向いているかどうかチェックしてみてください




営業職に転職する場合に必要となってくるスキルとは?


では、実際に、営業職に就く場合、 どういうスキルを持ち合わせていたら有利といえるのでしょうか?

1・努力することが好き

2・簡単にはへこたれない

3・負けず嫌いであった方が上達は早い

4・素直さ

5・人との会話能力が”並”位あれば十分

この5つの特性を持ってさえいれば有利と言えます!

この中でも特に「1.努力する事」これはやる気ともつながってくる要素ですが、これがあって、人並み程度のコミュニケーションがとれたら更に強しです。

では人並みのコミュニケーションとはどの位のレベルかというと、以下のように定義しておきます。

・あいさつができる

・例えば、JRの駅で電車の出発時間について駅員さんに質問できるLV

・バイトやパートで接客業ができるレベル

これら3項目ができるレベルのスキルを持ちあわせてさえいれば十分有利と言えます。

それ以外のスキルは実際に営業の仕事をやりながら身に付けていけます。

この辺の話を、更に深堀して解説した記事のリンクを下に張り付けておきますので、ご興味があれば参考にしてみてください!

営業が向いてる人と必要なスキルについて-営業職を探している方を支援する記事をまとめました
営業が向いている人とは?をテーマとした記事をまとめました!

営業職に就職する場合にどのような勉強をすればよいかアドバイスします!
営業職に就く為にスキルをどこで学べばよいのか?何か特別な資格は必要なのか?に答えてみました。そして営業の未経験者がまず読んでおきたいおすすめの本とは?



0から営業職に転職するまでの手順完全MAP

転職エージェントを活用する

まずはあなたが営業職に実際に就職するまでの完全MAPをご紹介いたします

STEP1◆転職エージェントが運用する転職サイトへ登録をする⇒例えば就職支援サイト「いい就職.com」平均年収150万円アップ+【ベンチャーセールス】といったサイトです。


↓ここ以降は基本的に転職エージェントがサポートしてくれます

STEP2◆条件を参考にしながら自分自身にあった会社を探して応募する

STEP3◆履歴書の作成

STEP4◆会社によっては入社試験

STEP5◆面接

STEP6◆合格通知

STEP7◆現在の会社に退職願いを提出

STEP8◆入社へ

転職活動をたった一人で行う事は少し不安ではないでしょうか?

少し面倒くさい、億劫ではないでしょうか?

履歴書の書き方も忘れてしまったし、面接もなんだか不安ですよね?

大丈夫です!

ご安心ください!

みんなそれは一緒です!あなただけではありません!

そこで転職活動の1から指導と面倒、更には企業探しまでも無料でサポートしてくれる「転職エージェント」を活用する事をお勧めいたします!

これで気持ち的に2.5倍程、転職活動が楽に感じる筈です!

とりあえず、その転職エージェントという所は信頼できるのか?ここは恐らく一番、気になる所でもあると思いますので、わたしなりに口コミや評判を調べてみました。一度ご確認ください!

いい就職ドットコムの評判と口コミはこちら

ベンチャーセールスの評判と口コミはこちら



営業職への転職の時のデメリットの一つ、ブラック企業の見分け方

やはり、転職をする際に気になる点としては、ブラック企業の存在ではないでしょうか?

ブラック企業は初心者から経験者まで、はば広く採用します。

そして人材をすり減らすまで使いきります。

挙句に辞められていっては又採用していくという事を自転車操業のような形で繰り返しています。

これつまり、人件を数多く採用する事についてはプロフェッショナルなのです。

だから求人広告の打ち方も非常に上手ですし、何より人事担当や社長の第一印象が非常に良いのです。

多くの場合、社長が元トップセールスマンである事が多く、人に気に入られる事に関してはピカイチである事が多いです。

だから凄く感じの良い社長に見えます。

しかし・・・入社してしまうととんでもない目にあってしまいます。

体力的にも精神的にもすり減らされてしまいます。

ではどうすればこのブラック企業を見分けられるのでしょうか?

先方は、人を求人で集めて、多く採用する事についての能力や運気には非常に優れています。

だから求職側は、100%安全という方法はなかなか難しいとは思います。

しかし限りなく100%に近い割合いで避けたいものです。

例えば事前に、ネットで検索して口コミを調べてみるという方法もありますね。

又は、転職エージェントの担当スタッフであればその辺の情報には詳しい事があるので事前に聞いておく事ができます。

そういう意味でも転職エージェントを利用する事をおすすめする訳です。

転職エージェントについては、前の項で解説しております。

この辺の話についてもっと深堀して解説している記事がありますので、ご興味があるようであれば参考にしてください。

ブラック企業を避ける為の対策についての記事はこちらから


未経験者としてはどんな種別の営業職に転職すればよいか?

初心者の方にお勧めの営業は、これはわたしの勝手な偏見になってしまうのですが、個人宅相手の営業です。

理由は、以下の3つです。

・主権者と直接折衝しやすい

・主権者個人の意思で決定される事が多い手軽さ

・企業相手よりもアプローチかけやすい


又、玄人系の営業種別は保険の営業や、一度の取引が高額な営業は初心者にはキツイかもしれません。

一口に営業職と言ってもその種類は多岐に渡ります。こちらのページでは主に営業職の種類についてご紹介しております。


今の会社へ退職願いが出しにくい方はこういう便利な会社もある

現在、勤められている会社への退職願いは、最低でも1ヶ月前には上司に伝えたいものです。

しかし注意点としては、次の会社がまだ見つかっていない状態で深刻するのは少しリスクがありますね。

理由はご想像通り、もし長期間、次の会社が決まらなかった場合の収入が止まってしまう事が心配だからです。

だから次の会社が決まってから退社願いを出します。

最近では、「退社代行」なるサービスを行っている事業者があります。

これもいわゆる「時代」なのでしょうね。

退職の事で、もし相談事があるのであれば一度問い合わせをしてみても良いかもしれませんね。

退職代行サービスの会社については以下の記事で詳しく触れています。

もしご興味があればご参照ください。

会社を辞めたいのにやめさせてくれない【どうしたら良い?】
会社を辞めたいけど辞めさせてくれない・・・辞め難い・・・そんな時はどうしたら?バックレる?いやいや退職代行を利用した方が遥かにマシ。理由は・・・



退職だけではなく、慰謝料請求も検討したい!という方はこちらの記事をご参照ください↓

パワハラは退職理由にしても良い?【ハラワタ煮えくりかえる人限定】
訴えたい!慰謝料請求したい!会社に一矢報いる為にはどうする事が適切なのか?徹底的に解説いたします!



営業職への転職におけるデメリットとは?-まとめ

 
営業職に就く事へのデメリット

a.売れない期間やスランプの間は精神的にきついです

b.成果がでないと上司からつめられる可能性がある

c.営業の種類によっては休日でも電話対応をしないといけない・・・時にはクレーム対応も・・・

d.クレーム対応もしていかないといけない

e.お客様から、門前払いをされたり断られる事は日常茶飯事。人によっては精神的にきついかも・・・

 
営業職へ就く事へのメリット

1.コミュニケーション能力の向上

2.ヒヤリング能力→人のニーズを汲み取る力

3.交渉力の向上

4.段取り力の向上

5.目標を達成した時のやりがい感は半端ない!

6.達成すればインセンティブがはいる→給料が上がる

7.3K(汚い・臭い・危険)以外の仕事で、活、未経験者・能力が低い人でも給料手取り30万以上が可能の仕事は「営業」以外で何かありますか?

8.人にものを「売る」という事ができるようになれば、他の道でも応用できる

9. ゲーム制が高い→成果が出たら楽しい。目標達成ギリギリの所が一番楽しい

10.同じ営業部の中の人間関係がすごく良い。困った事があればまわりが助けてくれる職場が多い。

11.社外にいる事が多いのでお昼や休憩時間は自分の自己管理で自由にできる

12.サボれる。バレなければ家に帰ったり漫画喫茶にいて時間をつぶす事もできる

 
営業職が自分に向いているか不安

以下の能力を持ち合わせていれば大丈夫です。

1・努力することが好き

2・簡単にはへこたれない

3・負けず嫌いであった方が上達は早い

4・素直さ5・人との会話能力が”並”位あれば十分

必要スキルとしては、以下に定めます。

・あいさつができる

・例えば、JRの駅で電車の出発時間について駅員さんに質問できるLV

・バイトやパートで接客業ができるレベル

 
営業職へ転職する手順

まずは転職エージェントに登録して転職エージェントを利用しつつ活動を行う方が断然手っ取り早いですし、効率的です。

 
営業職への転職時、ブラック企業をさける方法

事前に、ネットで検索して口コミを調べてみるという事もできます。

転職エージェントの担当スタッフであればその辺の情報には詳しい事があるので事前に聞いておく事ができます。

そういう意味でも転職エージェントを利用する事をおすすめする訳です。

 
初心者の方におすすめする営業の種類とは

初心者の方にお勧めの営業は、これはわたしの勝手な偏見になってしまうのですが、Bto C個人宅相手の営業です。

理由は、以下の3つです。

・主権者と直接折衝しやすい

・主権者個人の意思で決定される事が多い手軽さ

・企業相手よりもアプローチかけやすい

最後までお読み頂き、ありがとうございました!それでは!あなたの転職活動が上手行く事を願っております!

今回、こちらの記事でお勧めした「転職エージェント」は↓こちらです


ちなみに転職エージェントは複数登録してください。

求人の情報収集だけに活用もできますので、1社だけよりも複数登録をする事が基本です。

登録費、利用料、解除料ともに無料ですから安心ですしね。

実際にTwitter上でも以下のようにツイートしている方もいらっしゃる位ですからね!

宇宙シュタインさんが運営しているブログではこの転職エージェントについて更に深堀して解説しておりますよ!!

宇宙シュタインさんからは掲載の許可は頂いております

こちらのツイートの「複数を使い比べて」という所がみそですね。


/ ブログTOP/ 営業ブログTOP/ 失敗しない営業職の選び方

営業の仕事に就く為の面接を受かる為の方法のまとめ
営業職に就職・転職を考えているあなたへ!面接に受かるノウハウを書いた記事をまとめました!これで面接合格の確率はぐっと向上します!何事も準備が大切です。ぜひ面接対策をして臨みましょう!

営業のコツとは?⇒Thiroのやり方を学ぶと営業センスが0のあなたでも劇的に売れるようになるので、売れないあなたを助けます!
今のあなたが営業センスが0であっても、わたしの記録ノートを学習する事で、営業という仕事に覚醒ができます。営業に覚醒すると営業という仕事が超絶に楽になり、活、楽しくて仕方がないものになります。勿論、インセンティブが稼げるようになれば、やればやっただけお金を稼ぐ事ができますね

T_hiroの記録ノートのトップ
それでも売れなかった営業センスが0のあなたでも 劇的に売れるようになる営業ノウハウ集ブログ/営業職の就職への支援/20代の営業マンにおすすめな腕時計特集