営業職の種類はどんな種類があるのか?営業初心者におすすめを解説します


営業職の種類はどんな種類があるのか?営業初心者におすすめを解説します

どうもご機嫌如何ですか?T_hiroです★

本日の記事のテーマは営業職の種類を紹介していきます。

このブログは、読者であるあなたを想定したキャラクターである山田君とわたしとの会話を通じて解説しております。

記事の内容の信憑性については、わたしの経験や、雑誌で調べたりWEB上で調べたりした事を紹介しております。

では早速はじめていきますね(^_^)

営業職の種類の目次
営業とは顕在営業と潜在営業の2種類あるという話

1.メーカー営業⇒自社商品を販売するのが「メーカー営業」

2.代理店営業⇒メーカーの代わりに販売するのは代理店営業

3.商社営業⇒メーカーの代わりに販売するのは商社営業

4.新規営業⇒新規営業は新規の顧客を開拓していく営業です!

5.ルート営業⇒決まったお客様の所へ行き、営業をかけるルート営業

6.反響営業⇒問い合わせに対して対応する反響営業

7.クローザー営業⇒既にあるアポに対して訪問して契約をもらってくるクローザー営業

8.受付営業⇒受付に座ってお客様がやってくるのを待つ受付営業

9.アフターフォロー営業⇒カスタマーサービス・アフターフォロー営業

10.コンサルティング営業⇒経営改善や業務改善を提案するコンサルティング営業

11.企画営業⇒お客様に企画の提案をする企画営業

営業職の種類について解説-法人営業と個人営業について

12.ラウンダー営業⇒メーカーの店舗に常駐するラウンダー営業

13.テレアポ営業⇒リストに沿って電話していくテレアポ営業

14.電話営業⇒リストに沿って電話していき電話営業で契約まで取りきる

15.IT営業⇒営業職の種類-IT関係の営業とはどんな営業か?

16.保険の営業⇒金融系、主に銀行や証券、保険の営業とはどんな営業か?

17.不動産営業⇒不動産営業とは?どんな営業なのか?

18.広告営業⇒広告営業とはどんな営業なのか?

19.人材派遣⇒人材派遣の営業とはどんな仕事?


こんにちは!それでは本日もはじめていきましょうか

よろしくお願いします!

まず営業の仕事の種類をご紹介する前に、そもそも営業ってどんな仕事?という所から解説していきたいと思います



営業とは顕在営業と潜在営業の2種類あるという話

営業にも2種類あるのですか?

そうなのです!プロダクト営業と呼ばれる顕在営業とソリューション営業と呼ばれる潜在営業です。

1◆プロダクト営業は、お客様の現在既に浮き彫りになっている問題点を解決する営業です。だからお客様ご本人も既に問題点を認識しています

2◆ソリューション営業は、隠れている問題点を浮き彫りにして解決します。お客様自身も問題点を把握していない事が殆どです。つまり難易度的にはプロダクト営業よりもはるかに上です

ソリューション営業の方が難易度は高いけど、その分インセンティブ(歩合給)は高いので、営業マンとしてはこちらの仕事を狙っていきましょう!

解りました!

お客様の問題点が隠れている場合、そのままお客様に訴求したところで、「うちは間に合っているから!」と断られる事がオチです。つまり問題である事に気がついていないのです

成る程

ここに気がついてもらう為には、短い時間や期間で、人間関係を構築しつつお客様に心を開いてもらわないといけません

なんだか難しそうですね

しかしながら実際やってみると、非常にやりがいがある仕事であることが分かりますよ。コツを掴めば決して難しくはないです。その為にわたしは別のページで営業ノウハウ講座を開いていますので、営業職に就いた暁にはそちらで全力であなたをサポートしますよ!

それは頼もしいですね!

勿論、学ぶ意識と素直な心、そして努力は必要ですけどね

わかりました!がんばります!

では一口に「営業」といってもどんな種類の営業が世の中にあるのかを紹介したいと思います!

はい!

まあ、営業職と言ってもたくさんありますからね。その中でも、典型的な営業職を取り上げたいと思います


営業の種類は大枠で3種類ある



自社商品を販売するのが「メーカー営業」

自社で造った商品やサービスを直接、お客様に販売したり、又は、代理店に依頼して代わりに売ってもらうように、支援や情報をあたえたりします!

成る程

勿論、自社の商品である為、代理店や商社からの質問も何でも答えられるようにしないといけないです

成る程

しかしきちんとした会社のメーカー営業職に就くには、未経験者や中途採用では、なかなかハードルが高いです。人気ですし、倍率も高い筈です



メーカーの代わりに販売するのは代理店営業

代理店は、メーカーと契約を結び、販売したらその分のインセンティブ(歩合)をもらう方法で商売している会社です。セールスのプロ集団です

プロ集団!

そうです!その分、社員教育がしっかりしていたり、トップセールスマンからいろいろノウハウを聞けたりするのでスキルアップにはもってこいかもしれませんね

成る程

営業職を目指す場合、基本的にここの層に就く事になる事が多いです

そうなのですね!

ちなみに個人が独立して代理店として活躍している人も多いのですよ

へえ

わたしも昔はやっていたのですが、何というか・・・営業って一人ぼっちでやってもつまらない事に気がついて辞めました。仲間とワイワイやったり一緒に楽しんだり悩んだりしてやる事も営業の楽しい要素だと気がついたのです

やはり仲間は最高という事ですね!?

ですね (笑



商社営業とは?

代理店営業と似ている会社で、商社の営業があります

商社ですね

商社営業も代理店同様に、メーカーの代わりに営業を行い、販売した分のインセンティブをもらって利益を得ています

成る程

代理店との違いは、商社は幅広い商品を取り扱うのです。1品や2品ではなく、種類が多いため、商品知識は当たり前でプラスアルファ、営業力や折衝力や段取り力が必要とされます!

少し要求されるレベルが高いのですね!?

ですね!メーカーとお客様との間に立って、アポイント調整や、質問そして回答のやり取りなどをやりますよ! 人との付き合いや、人間力も大切ですね

成る程


営業手法にはどんな種類があるのか答えてみた

上記ご紹介した3種類の営業の仕事ですが、営業のやり方は基本的には共通しております。いくつかございますので、紹介いたしますね



新規営業は新規の顧客を開拓していく営業です!

ここが一番、難易度が高くてかつインセンティブも高額になる営業手法です!新規でお客様を見つけてくるのですから、会社としても最高に嬉しい事ですものね!だからお金を使ってくれる傾向にあるからです⇨インセンティブも高額です

しかし一番難易度が高いのですか?

まあ、コネも何もなく新規を見つけてくるのですからね。何かコネがあって営業しにいくのと比べたらやはり関係作りからスタートしないといけない分、難易度は高いですね

成る程

しかしわたしがお勧めするのはこの新規営業です!ここでスキルを磨き、営業に覚醒してぜひガッツリ稼いで欲しいのです!

解りました!

営業の例でいうと、飛び込み営業や、リストから電話をかけていってアポをとるテレアポ営業、又は電話で契約まで持っていくセールスもあります

成る程

メリットは、インセンティブが高い事ですが、デメリットは、やはり突然行くわけですか、ある程度は勇気が必要かもしれないですね。メンタルが弱いとキツいのかもしれませんが、わたしの経験上、慣れます笑)



決まったお客様の所へ行き、営業をかけるルート営業

ルート営業の手法としては、例えば、商品を納品する時に、担当者に声をかけて、営業をします

成る程

担当者に、商品の情報を伝えたり、他に何かお困り事がないか聞き出したりします。人間関係作りが重要なキーとなるような営業ですね! メリットは営業の中でも楽な部類に入りますが、デメリットはインセンティブがかなり低い事が多いですね

成る程



問い合わせに対して対応する反響営業

もしかしたら山田君は、あまり反響営業という言葉は聞かないかもしれないですね

そうですね

反響営業とは、お客様から問い合わせが入って、それに対応する営業手法です

成る程

お客様が、自らホームページやチラシなどを調べてお問い合わせをしてきます

はい

その電話を取り、電話越しで説明して契約まで持っていく場合とクローザーという契約する営業部隊にアポを振るという仕事です

成る程

メリットはそもそも、お客様からアクションを起こしてきてくれているので、最初から興味がある状態であり、かつ比較的心を開いている状態である事が多いので、難易度は低いです

勿論、お客様からの問い合わせが、もしなかったり極端に少なければ、会社目線でいうと人件費だけ加算されていく訳で、その為、デメリットはインセンティブが低い事です



既にあるアポに対して訪問して契約をもらってくるクローザー営業

先の反響営業やテレアポ営業で取得したアポに対して実際に、お客様宅へご訪問して契約をもらってくる営業部隊です

成る程

これもあらかじめお客様は興味がある状態からのスタートなので難易度は低めです

そうなのですね!

ただ、中には質の低いアポも多数あったり、クレーマーじみたお客様の所へも行かないといけないケースもあるのが難点ではあります

成る程

ただ会社としては稼ぎ頭のポジションだったりするので営業マンでもベテランやトップセールスマンが配属されるケースが殆どです。つまり新人さんや未経験者は配属はされないでしょうね

成る程〜インセンティブは高いのですか?

会社としては楽な営業という認識をされている所が多く、インセンティブは低めです。しかし目標は高めという・・・

あまり旨味がなさそうな営業ですね

かもしれませんね。しかし契約をもらいやすいケースがやはり殆どですので、目標達成はしやすい営業種別ではあります!



受付に座ってお客様がやってくるのを待つ受付営業

受付営業とは、受付に座って、お客様が来るのを待ちます。来店や電話でお客様がやってきたら対応します

成る程

勿論、購入希望や加入希望もありますが、ただの問い合わせ、時にはクレームだってありますから、それなりの対応能力やコミュニケーション能力は必要ですね

成る程

これも来店されるお客様が最初から興味がある状態の所からスタートできます。しかしお客様の来店数がなかったり少ないと人件費だけが加算されていくので、その分
やはりインセンティブは低めです



カスタマーサービス・アフターフォロー営業

契約型の営業商材であれば、アフターフォローが大切ですよね?例えばインターネットの契約や、保険などでしょうか。 契約型の営業商材であれば、アフターフォローが大切ですよね?例えばインターネットの契約や、保険などでしょうか

はい

そのアフターフォローをする名目でお客様宅へ訪問して、営業提案をして帰ってくるという営業手法です

既に何かしらの契約をしている方への営業ですね?

そうですね。まあ、売ったら終わりとか契約頂けたら終わり的な営業ではないので、印象は良いですよね

サポートでしたらそうですね

ただ意外と最初から心を開いている人って意外とそれ程多くはないのです。それでも新規営業と比べたらハードルはかなり低いですね

成る程

アフターフォローだけあってそれだけ知識は必要です。営業レベル的には低めなのがメリットですが、デメリットはやはりインセンティブが低い設定ですね



経営改善や業務改善を提案するコンサルティング営業

コンサルティングをする営業スタイルです

はい

お客様である取引先の中に入って、経営改善や業務改善を行います!ヒアリング能力と関係構築が非常に大切です

成る程

大手クライアントが顧客になるケースが多いです

成る程

知識やビジネスマナーがかなり必要になってきますから最初から覚えるべき事はかなりの量があるので覚えるのが大変です



お客様に企画の提案をする企画営業

企画営業とは、文字通り、企画を提案する仕事です

成る程

全く前例のないような斬新な企画を提案する営業ですね。法人営業となりますが、ミーティングで顧客のニーズをヒアリングして状況や希望に合わせて企画を練り、提案します

成る程

消費者のニーズ調査、データ分析などを行い、顧客企業に対して企画を練って提案したりする感じですね

成る程

非常にマーケティング要素が強いですね

そのようですね!

お客様の会社が、気づいていない問題点を見つけることもしないといけないですね!そしてそれを解決する為の企画を提案します

提案してからどうするのですか?

その後も、戦略や運用に関わっていきます

成る程

企画提案で実施後に、ビフォーアフターを見返してみて、更に改善をしていきます

はい

他にプロモーション活動やイベントを行うこともありますよ

へえ

勿論、会場のセッティングや必要な人員の手配やら広告の依頼なども行うことがあります

成る程

企画営業が、どのような手順で進んでいくかというと、まず最初にクライアント探しです

はい

自社の商品やサービスを買ってくれそうな企業に電話やメールでアプローチをかけていきます

はい

そしてアポを取り、訪問ですね

成る程

それから訪問、商談をして、そこでヒアリングをして、顧客企業がかかえている状況と問題点を聞きます。勿論関係も構築しないといけませんね

はい

企画を作り、再度、顧客企業を訪問してプレゼン会社です

成る程

このような流れですね。メリットとしてはザ・かっこいい営業マンといった所でしょうか。とてもやりがいがありますよ。しかしデメリットは段取り力やコミュニケーション能力は必須ですし、何より忙しい事が多いです。インセンティブは高いから稼げます!

成る程

では一旦、ここまでをまとめますね


営業職の種類はどういう種類があるのか?まとめ

営業は大きく2種類ある

1◆プロダクト営業はお客様が抱えている問題が浮き彫りになっている所に営業をかける

2◆ソリューション営業は問題点が隠れている状態から営業を仕掛けていく

営業職は大きく分けると3種類ある

1◆メーカー営業は自社商品を販売する営業

2◆代理店営業はメーカーから販売を委託されて販売する営業

3◆商社営業は代理店営業のようにメーカーから販売を委託されて販売するが取り扱う商材が複数ある

営業職の種類をもう少し細かく見ていくと・・・

・新規営業・・・新規の顧客を見つけてくる所からスタートする営業

・ルート営業・・・決まったお客様の所を回り、商品をお届けする際に営業をかける

・反響営業・・・お客様からのお問合せを受けて、電話で契約を取るかないしは契約専門のクローザー部隊へアポを流す

・クローザー営業・・・テレアポされた後に契約を貰いに行く営業マン

・受付営業・・・店舗に受付の座って、お客様を迎える営業

・アフターフォロー・・・アフターフォロー目的で契約後のお客様宅へ訪問し、お困り事をヒヤリングして営業もする

・コンサルティング営業・・・企業の内部へ入りこみ、 経営改善や業務改善を提案、実践していく

・企画営業・・・企業に対して、新しい企画を提案する営業


/ ブログTOP/ 営業ブログTOP/ 失敗しない営業職の選び方

営業職とは?新しく営業職に就職しようと検討中の方の為の記事をまとめました
営業職を探しているあなた!初心者や未経験者に、営業経験20年のわたしが「営業」という仕事とは?に答えました!

営業の仕事のデメリットと転職における注意点-失敗しない営業職の選び方
今よりもやりがいのある仕事に就きたい!今よりも収入が多い仕事に就きたい!将来につながる仕事についてスキルを身に着けたい!⇒「営業」の仕事がぴったりです。営業の仕事には「やりがい」「高収入」「将来性」がたっぷりつまっています。あなたが営業マンに就職するまでを全面サポートいたします!

営業のコツとは?⇒Thiroのやり方を学ぶと営業センスが0のあなたでも劇的に売れるようになるので、売れないあなたを助けます!
今のあなたが営業センスが0であっても、わたしの記録ノートを学習する事で、営業という仕事に覚醒ができます。営業に覚醒すると営業という仕事が超絶に楽になり、活、楽しくて仕方がないものになります。勿論、インセンティブが稼げるようになれば、やればやっただけお金を稼ぐ事ができますね

T_hiroの記録ノートのトップ
それでも売れなかった営業センスが0のあなたでも 劇的に売れるようになる営業ノウハウ集ブログ/営業職の就職への支援/20代の営業マンにおすすめな腕時計特集