腕時計ブランドであるフレデリックコンスタントとは?営業マンが着けて恥ずかしくないのか?


腕時計ブランドであるフレデリックコンスタントとは?営業マンが着けて恥ずかしくないのか?

どうもご機嫌如何ですか?T_hiroです★

本日の記事のテーマは腕時計ブランドである「フレデリックコンスタント」について解説していきます。

20代の営業マンが着けても恥ずかしくないのか?という部分も解説しております。

当ブログは、読者であるあなたを想定したキャラクターである高木君とわたしとの会話を通じて解説しております。

この記事を読む事で、腕時計選びにおいての選択肢が一つ増えます。知識量も1増えます!

つまり腕時計選びがより楽しくなりますよ!

記事の内容の信憑性については、雑誌で調べたりWEB上で調べたりした事を紹介しております。
では早速はじめていきますね(^_^)

フレデリック・コンスタントの腕時計について目次

それでは本日も講座をはじめていきましょうか!本日のゲストは高木君です!どうぞ!

どうもこんにちは。高木です!よろしくお願いします!

よろしくお願いいたします!では本日のテーマは、腕時計ブランドである「フレデリック・コンスタント」について解説していくと共に、20代の営業マンがフレデリック・コンスタントの腕時計を着けていると恥ずかしくないかどうかも解説していきます!

はい!よろしくお願いいたします!

ではスタートしましょう!



フレデリックコンスタントは営業マンが着けて恥ずかしくないか?

これは結論から言うと、全然大丈夫ですよ!20代の営業マンが、着けても大丈夫です!

あっ!そうなのですね!

お値段もリーズナブルですし、デザインもかっこよく品質も良いブランドですしね!

へぇ〜

現に、web上で評価や評判を調べてみても、「値段の割にクオリティが高い」という意見もありましたしね

成る程

腕時計の製造において、 とても高度で精巧な作り方をしているのですが、効率化を進め、追求し、ハイブランドの時計に近く、しかしながら一般庶民の手にも届くような形で製造しているブランドなのです!

へぇ〜凄い!

ですよね!?元々、ブレゲ(=Breguet)という超高級ブランドに関わっていたので、そのイメージを上手に利用した時計作りをしていますよ

なる程・・・ブレゲですか?

そうですね!ブレゲというのは、18世紀の天才時計職人ブレゲが創業したブランドなのですが、

はい

時計のブランド価値としては最強クラスの超高級ブランドです!

へぇ〜

値段も世界で最高クラスであって、まず一般庶民に手がでないレベルです

な・・・成る程

と、そういう超高級ブランドの腕時計の文字盤を下請けで作っていたのですね! それがフレデリックコンスタントです!

成る程〜

その文字盤工房であったフレデリックコンスタントが、自前でも時計を作り始めた……という

え?という事は高い製造レベルを持ってして自己ブランドを立ち上げたというわけですね?

そうですね!だからフレドリックコンスタントの時計は、品質もピカイチで活、人気もありますよ!

へえ〜成る程

まあ、ステータス的にはそれ程高くはないですが、評判は良いです

成る程

まあ、勿論、例えば、ブレゲの場合は文字盤に、”金”を使っていますが、フレデリックコンスタントは違いますし、

はい

ギョーシェ彫りと呼ばれる、ダイアルに施される繊細な模様やそれを規則正しく彫り込む装飾技術もブレゲは手動機器で手作業ですが、フレデリックコンスタントはプレス加工ですので・・そういうところはあしからずという事ですね

まあ、そこは仕方がないですね!



フレデリック・コンスタントの歴史

フレデリック・コンスタント(=Frederique Constant)

“Live Your Passion!”

1904年、コンスタント・スタース氏が時計の文字盤工房を創業する

1988年、コンスタント・スタース氏の孫であるピーター・スタース氏とその妻アレッタ・バックス氏により、スイスのジュネーブ郊外のトアネで「フレデリック・コンスタント」創業

1994年、腕時計「ハートビート」発表

ハートビートは、時計のムーブメント、つまり動力装置の心臓部である『テンプ』の動きが目視できる小窓がついている腕時計です

一部だけスケルトンのような感じですね!

そうですね!その小窓から覗けるようになっています

へぇ〜

発表当時、ハートビートは、瞬く間に人気のコレクションとなりますが・・・

が?

でもね、ドジな事に、なんと商標登録を怠ってしまった! のです

え!?

だから他社に模倣されてしまったんです

なんと!

まあ、それでもめげずに頑張るわけですがね

2002年、停止状態だったスイスの時計メーカー、アルピナを買収する

2004年 – 完全自社製の動力装置を開発

これにより、フレデリック・コンスタントは、マニュファクチュールとなります、つまり1から自社で腕時計を作り上げるメーカーとなったわけですね!

外注は使わないというわけですね!

そうです! それは1つ1つの細かな部品までしかりです!

2004年、イギリスのスポーツカーブランドである。オースティン・ヒーレーのスポンサーとなる

2006年、スイスのジュネーブ郊外のプラレワットに自社工場を建設する

2007年 、シリシウム製のガンギ車を採用してメンテナンス性を大幅に向上させたムーブメントを開発

2008年 – シリシウム製のガンギ車(腕時計内部の歯車の一つ)を用いた完全自社製のトゥールビヨン搭載腕時計「マニュファクチュール トゥールビヨン」(188本限定)を発表

トゥールビヨンとはなんですか?

簡単に言うと、腕時計の構造の中で、世界で3本の指に入る位、複雑精巧な仕組みの装置の事です

へぇ〜

トゥールビヨンは、技術レベルの高い限られたメーカーしか製造できないのです!

ヘェ〜凄い!

2012年、ワールドタイマー機能搭載キャリバーFC-718を発表

これは日付やワールドタイマー設定などすべての設定を腕時計についているリューズと呼ばれるネジひとつで調整できてしまう腕時計です!

成る程

2014年、シリコン脱進機を搭載した、新世代のハートビート マニュファクチュールFC-945を発表

この腕時計は、精度を司る重要パーツであるアンクルやガンギ車を、シリコン素材で製造したのです。シリコンは、摩擦が少なく磁気に強いのですね!このシリーズは、現在も凄い人気ですよ!

2015年、MotionXを採用したスマートウォッチ「オルロジカル スマートウォッチ」を発表

motionXとは、活動と睡眠パターンを高精度で記録するエンジンです。例えば、スマホと同期して、時刻の補正や、活動量と睡眠量の記録が行えたりするのです

成る程!さすがスマートウォッチですね!

そうですね!これは、スイスの時計産業に新たな時計分野を誕生させる事になりましたよ!

2016年、シチズン時計株式会社が、フレデリック・コンスタント社の株式を100%取得。傘下に収める

2017年、フライバッククロノグラフ マニュファクチュールFC-760を発表

ストップウォッチの計測中に4時の位置にあるボタンを1回押すだけで、リセットと再スタートが同時に行えるのです

成る程

2018年、創業30周年を記念してキャリバーFC-975を発表

この時計は、トゥールビヨンと永久カレンダーを同時搭載した超ウルトラスーパー高性能腕時計だったのですよ!

永久時計ってなんですか?

普通、腕時計のカレンダーは定期的に調整してあげないといけないのですが、

はい

しかし永久カレンダーは、日付の調整が不要で、更に閏年(うるうどし)まで計算してくれるのですね!

へえ〜

機械式腕時計であれば、超高級モデルにしか搭載されていないような仕組みです

ヘェ〜 超高級腕時計ですか!?

そうですね!そして、毎時2万8000振動の自動巻きであるFC-975はシリコン製のガンギ車とアンクルを備えるため、温度変化にも対応する優れものなのです



フレデリック・コンスタントの腕時計とは?

創業者であるピータースタースは唱えました!「すばらしい時計をつくりたい!」

素晴らしい時計!

そう!創業者であるピーター・スタースと妻のアレッタの飽くなき情熱から、「フレデリック・コンスタント」は生まれました!

成る程

デザインから開発組立、そして品質管理まで全てをスイスのジュネーブの自社工場で行っています!

成る程〜腕時計の本場スイスですね!

そうですね!そして、こういう自社で、1から部品の一つ一つまで全て行うような工房の事をマニュファクチュールと呼ぶのですが、

はい

「手の届く高級腕時計」を合言葉にして開発と製造を続けているブランドです

でも素晴らしいブランドですね!

ですよね!だからこそ人気が高いのです

へぇ〜

基本的にはダイヤルの取り付けは手作業で行われますし、装着感を重視してストラップは製造されています!

はい

ムーブメントと呼ばれる動力装置も自社で作っていますよ

へぇ〜

そしてその自信ですね!ケース裏側のシースルーガラスを通して、高性能で高品質の中の構造が鑑賞できます!

上手い事を言うとまさに「職人たちの情熱の結晶」というわけですね?

ですね!ちなみに、オープンダイヤルウォッチを世界ではじめて発売したのがフレデリック・コンスタントなのですよ!

オープンダイヤルとはつまりスケルトンというわけですね?

ですね!中の構造が見えるタイプの時計です!「ハートビート(Heart Beat)」と呼ばれるシリーズです!1994年に発表されて、瞬く間に大人気のコレクションとなりましたよ

先程、歴史解説の中で出てきたハートビートですね!?

ですね!ハートビートは、フレデリック・コンスタントの代名詞的な腕時計です!

成る程

では、次に実際のフレデリック・コンスタントの腕時計の一部をご紹介していきますね!



フレデリック・コンスタントの腕時計の一部をご紹介



スリムライン シリーズ


[フレデリックコンスタント]FREDERIQUE CONSTANT メンズ SLIMLINE スリムライン 39mm シルバー ステンレス FC245WR5S6B 腕時計[並行輸入品]



[フレデリック・コンスタント] 腕時計 スリムライン ホワイト文字盤 245SA5S6 メンズ 並行輸入品 ブラック


複雑なエングレービングの工程で刻まれたダイヤル部分のギョーシェ模様は、公差わずか1 / 1000mmという精密なのですよ!

へぇ~凄い!



クラシック シリーズ


<日本限定>フレデリック・コンスタント 腕時計 クラシック カレ オートマチック ハートビート FREDERIQUE CONSTANT FC-310MN4S36 [正規品]


成る程、これが「ハートビート」ですね!カッコ良いですね!

ですよね!!


正規品 FREDERIQUE CONSTANT フレデリックコンスタント FC-310MBS5B6 クラシック インデックス オートマチック ハートビート 日本限定モデル 腕時計



フレデリック・コンスタント FREDERIQUE CONSTANT クラシック・カレ オートマチック FC-310MC4S36 新品 腕時計 メンズ (FC-310MC4S36)



フレデリック・コンスタント クラシック カレ ハートビート&デイト リミテッドエディション FREDERIQUE CONSTANT(fc315cgc4c26)




マニュファクチュール シリーズ


フレデリックコンスタント マニュファクチュール ワールドタイマー GMT アリゲーターレザー 腕時計 メンズ FREDERIQUE CONSTANT 718WM4H6 [並行輸入品]



フレデリック・コンスタント FREDERIQUE CONSTANT スリムライン ムーンフェイズ マニュファクチュール FC-705NR4S6 新品 腕時計 メンズ (FC-705NR4S6)



フレデリックコンスタント マニュファクチュール クラシック ムーンフェイズ 腕時計 メンズ FREDERIQUE CONSTANT 712MS4H6[並行輸入品]


では、フレデリックコンスタントについてはこの辺で終わりにしたいと思います。最後にまとめますね!


フレデリックコンスタントについてのまとめ

フレデリックコンスタントは自社で1から部品のひとつひとつまで製造しているブランドで、そのレベルは非常に高度

20代の営業マンが着けても全然大丈夫ですし、スーツに良くあうデザインも多い

元々、ブレゲ(=Breguet)という超高級ブランドに関わっていたので、そのイメージを上手に利用した時計作りをしている


/ ブログTOP/ 腕時計選びTOP/ 腕時計のブランド・メーカーまとめ

20代のメンズの為の腕時計のメーカー、ブランド、うんちくまとめました
あなたは現状、まだ腕時計について、メーカーやブランドの知識が薄い為、どの腕時計を手にするればよいのか右も左も解らない状態ですよね?数多い腕時計メーカーとブランドについて紹介した記事をまとめました!

ビジネスで使うメンズ用腕時計徹底調査。買ってはいけない腕時計を暴露!!-営業マンの身だしなみ
営業マンとして果たしてどのような腕時計を身に付けたら、営業現場でのお客様からの評価が高いのでしょうか?ここでは営業マンの為のお勧めな腕時計のブランドから腕時計そのものまでチョイスを失敗しない為の知識とおすすめをご紹介しております

20代のメンズが、ビジネス用として購入すべき腕時計ランキング
営業マンとして果たしてどのような腕時計を身に付けたら、営業現場でのお客様からの評価が高いのでしょうか?ここでは営業マンの為のお勧めな腕時計ランキングをご紹介しております!

T_hiroの記録ノートのトップ
それでも売れなかった営業センスが0のあなたでも 劇的に売れるようになる営業ノウハウ集ブログ/営業職の就職への支援/20代の営業マンにおすすめな腕時計特集